弊社の支援事例より

最新記事
Back Number

一般家庭の小さな台所から日々の

食を通じてのよしなしごとを綴ります。

先週よりやっと県をまたいだ移動が緩和されましたが、日々の感染者数の推移を見ると、まだ油断ができない状況が続いています。そんな中ですが、弊社の支援業務はオンラインで継続中です。地域を訪ね現場でお話することに比べればやや物足りなさを感じますが、移動時間を割かなくてよいぶん、お話できる頻度が上がり、こまやかな支援ができる利点もあるかもしれません。

    

今年で支援7年目になる、信州のある観光グループ会社様があります。観光への大きな逆風の中でも取り組めることを模索し、少しずつトライされています。主導するメンバーの中には、実は全くの異業種から、県外から移住して転職なさった方もいらっしゃいます。そうした方々の新鮮な視点や熱い思いが、さまざまな取り組みにドライブをかけるシーンに、私も何度も立ち会っています。

    

昨年より弊社ただいまは、有料職業紹介事業の免許を取得し、地域を支える企業の経営幹部や社員の獲得の支援をスタートしました。新型コロナの流行がこれまでの都市過密化への危機意識を喚起し、地域への移住志向が高まっているという報道も多く見られるようになってきています。

   

多くの都道府県・業種が大変な状況に直面しているタイミングですが、むしろだからこそ、地域を支える企業の経営に関わりたい方や新しいチャレンジを考えていらっしゃる方、ぜひ弊社へご一報ください。(特に、信州、関西、中国地方など)またまわりにそのような方がいらっしゃいましたら、ご紹介いただければ幸いです。

    

地域の意欲的な企業さんは、次代を担う経営幹部を探していらっしゃいます。それはこのタイミングだからこそ、かもしれません。

観光客激減に苦しむ長崎の事業者さんとのトライアルを、地元の新聞が記事にしてくださいました。

まずは一歩踏み出しましたが、その一歩から、今後を乗り切るヒントをたくさん得ることができました。

   

うれしいのは、これをきっかけにさらにオンライン居酒屋の注文が増えたことです。ボリュームのある注文数をいきなり狙うよりも、まずはやってみて、お客さんの反応や運用ノウハウを得ながら、地域色や特色のある「店構え」を築き、少しずつ注文数が増えて気に入った方には固定客化してもらう、という流れがいいのではないかと感じています。

    

西日本新聞さんの記事はこちら
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/615561/

緊急事態宣言が多くの都道府県で解除されはじめ、アフターコロナがそろそろ視野に入ってきました。

   

そこで、弊社の支援メニューを支援先別に、以下にご紹介します(「何をしてくれるのかがわかりずらい」といわれることが多く・・・)。いずれの場合でも、ただいまの支援は、まずはお話を伺うことから始まります。お話を伺うのはそこそこに、既存のスキームを一方的に押し付けるといったやり方は、残念ながらよく聞く話ではありますが、弊社のやり方ではありません。

まずは、お話を聞かせてください。

  

日本各地で意欲的に活動されている中小企業や農業生産者の皆さまへ

  

「うちの状況を、まずはきちんと聞いてもらいたい」とお考えの事業者様へ、中小企業庁「ミラサポ」や各種派遣制度を活用し、お客様目線での事業戦略の見直しや販路の選定の支援をいたします。(弊社佐藤は今年度もミラサポ専門家に登録されています)日本各地の金融機関などと一緒に、これまで100社以上を訪問しています。<緊急事態宣言解除後、安全を最優先しての訪問となります。ご了承ください>

  

  
日本各地の地方公共団体で、商業や農業、観光の振興をご担当の方へ

  

過去に受けた支援において「実態を踏まえないノウハウの押しつけ」「地域の事情を理解しようとしない」などの不満をお持ちの方も多いと存じます。ただいまは、地域の企業や農業者の皆さんを対象に、コロナ後に対応するための事業戦略の見直しや商品・サービスなどの販路の選定の支援プログラムを、これまで10年以上取り組んできた豊富な支援事例をもとに、お客様目線でご一緒に検討・実施させていただきます。その他、研修会やワークショップの企画開催も多数取り組んでおりますので、ご相談ください。
(支援実績:福岡県糸島市、長崎県長崎市、鹿児島県鹿屋市、栃木県、長野県木曽町、埼玉県川越市など多数)

  

  
日本各地の支援機関・金融機関・シンクタンクの皆様へ

  

「より具体的・実践的な支援がほしい」とお考えのご担当者様。ただいまは、コロナ後のお客様目線での事業戦略の見直しや販路の選定の支援や、セミナー&個別相談会を組み合わせた実践的なアドバイスなどを通じて、ご一緒に考え、形にします。ご一緒されている地方公共団体との連携ももちろん可能です。
(支援実績:八十二銀行、長野経済研究所、千葉銀行、ちばぎん総研、京都銀行、広島銀行、FFGビジ...

新型コロナの終息がまだ見えない中ですが、弊社の支援先は果敢に攻めています。変化する環境に対応するため、もう一度、自社の取り組みをシビアに見直されている姿には、逆に私が刺激を受ける機会も多々あります。

   
そんな中、先日弊社ができる支援をブログで発信しましたが、これまでの経験をもとに、ノウハウや参考になる書籍の一部も、note.でお伝えすることを試してみようと思います。

  
今回は、地域支援の最前線にいらっしゃる「地域金融機関」の方向けの発信でした。今後も、弊社がいつも大切にしている「お客様目線での事業の検討」を基本に発信していきます。ご興味ある方はお目通しいただき、ご意見やご感想いただければ幸いです。

noteへのリンクはこちらから

緊急事態宣言が徐々に解除される中、経営継続のための当面の手当てができたのちは、アフターコロナに対応すべく、自社の事業や商品、サービスを新たな角度から見直そうとお考えの経営者が増えてきていると、弊社支援先とのやりとりからも日々感じております。

   

まずは「これからのお客様は、誰か」「そのお客様にとって、商品やサービスがある一日はどんな生活になるのか」をできるだけ具体的にイメージしてみるのがいいのではないかと思います。考え方の一例として、Soup Stock Tokyoの遠山正道さんの著書『成功することを決めた』(新潮文庫)P35からの、「スープのある一日」というストーリー仕立ての創業計画書の一読をおすすめしています。今風に言えば「カスタマーエクスペリエンス」ですが、お客様がどうスープストックを楽しむのかをお客様視点でまとめ、事業計画としています。読みやすい内容ですので時間のない方にもおすすめです。

   

自社が売りたいものを売りたいように売る、のではなく、変化するお客様の動向を日々の生活からつぶさに観察し、自社の事業、商品、サービスをどう適応させていくか、流行りや小手先のテクニックではなく、お客様の視点から逆算して骨太に検討することが必要だと思います。

April 24, 2020

新型コロナウイルスの影響で、日本経済は戦後かつてないほどの困難な状況に直面しています。

     

行政から各地域の事業者・生活者への支援も発表されていますが、どうしても一時的かつ限定的なものが多く、流行の長期化による経済への負のインパクトは今後も多方面に拡大していくと予想されます。

            

しかし一方で、こうした状況下でも、というよりむしろ、こうした状況下だからこそ、市場の変化を察知し、前に進もうとしている各地の事業者の方々がいらっしゃると、弊社と連携いただいている地域金融機関を通じて伺うことも増えてきています。

                      

その中には、このピンチを新たなチャンスに転換すべく、新しい事業を模索するのと同時に、新しい経営幹部候補を探している事業者さんもいらっしゃいます。

                        

次代に挑む事業者とともに、新しいチャレンジに取り組んでみたいとお考えの方、ぜひ下記よりご連絡ください。まずは、これまで取り組まれてきたお仕事や、今後挑戦してみたいお仕事の話をじっくり聞かせていただきます。もちろん、このコロナ下における地域の状況なども、私が知り得る範囲ではありますが、お伝えいたします。

                                    

>>ご連絡いただける場合は、こちらからお願いいたします。

April 8, 2020

上記は、ラグビーの世界では有名なコーチングの名手の書籍です(弊社の支援で必要なため読んだ1冊です)「誰でもリーダーになれる」ことをわかりやすく、主に学校の先生向けに書かれたと思われます。

早稲田大学ラグビー部で3年生まで補欠、そこからキャプテンへ、卒業後は監督としても優勝を経験しているものの、自らを「オーラがない監督」と言ってしまうなど、いわゆる「強いリーダーシップ」とは違うアプローチの書籍です。

弊社が支援する地域や中小事業者さんは、今後も事業を継続していくために経営陣の方々が中心になって会社をONE TEAMとしてまとめ、舵取りをして前へ進めていかなければなりませんが、必ずしも「リーダータイプ」の経営者や社員がいるわけではないケースが多いと感じています。「うちにはリーダーがいない」「なぜかリーダーをやらなければならなくなった」方にお勧めしたい一冊です。

January 6, 2020

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

永年手がけてきた、地域発商品の開発や
販路開拓支援に加え、

DMOの戦略立案支援や、地域商社の事業化などにも関わり、
変化する市場のニーズや消費者の購買行動を
踏まえながら、新しい取り組みにチャレンジしております。

あわせて、本年からは、地域の有力金融機関と連動し
本格的に地域の企業へ向けた有料職業紹介事業も
スタートさせます。

また、昨年4月からは、JAおおいがわ子会社の
社外取締役となり、新たな地域の魅力を発信する
拠点の企画構築にも関わらせていただいております。

人口減が加速する日本において、
地域の事業者が成長できる、または
これまでと変わらず、充実した暮らしを続けるために
必要なことは何か。知恵を絞り、支援を継続させて

いただきたいと考えております。

引き続き、ご指導、ご鞭撻の程、

よろしくお願い申し上げます。

本年もよろしくお願いいたします。

2020年 新春
株式会社ただいま
代表取締役 佐藤 翼
 

September 2, 2019

昨年度より長崎市の、地域の産品を域外に販路開拓する「地域商社事業」を支援しています。その一環で、支援先の「ジョイフルサンアルファ」さんが、この度マンションの共用部にスーパーをオープンしました。地元メディアにも多数取り上げられました。

まずは地元長崎でトライアル、その後顧客ニーズを把握後、さらに展開する予定ですが、オープン当日はマンションの住民の方が多数お買い物いただけました。無人のスーパーでICカードでの代金決算ですが、大きな戸惑いもなくスムーズに買いものされていたのが印象的でした。

いかに店舗へ集客するか、ではなく、いかにお客様に近づくか? 宅配とはまた一味違うモデルを、引き続き「ジョイフルサンアルファ」さんと一緒に探っていきたいと思います。

September 2, 2019

※写真は長崎でお祝いで食べる「桃カステラ」です。

令和に改元され、2日目の朝です。正月ではないですが、なんだか気分が一新された気がします。
年始にも発信させていただいた通り、まっさらな気持ちで、今年度はいくつか新しい仕事にチャレンジします。


ひとつは、有料職業紹介事業に参入します。新卒時代の経験も活かし、地域に必要な「核になる人材確保」の貢献に、チャレンジすべく準備中です。

もうひとつは、地域JAとローカル私鉄、市役所が出資する観光会社の社外取締役に就任します。違った立場や仕事の取り組み方で、素晴らしい仲間が揃った組織で、地域に貢献してみたいと思います。


詳細はまた個別にご案内、ご相談させてください。令和新年も、引き続きよろしくお願いいたします。

Please reload

© 2017  tadaimainc. Co.,Ltd.