コロナの終息が見通せませんが、顧客の志向・思考・試行の変化に対応したチャレンジの支援を継続しています。


なかなか難しい状況が続いていますが、変化する顧客の行動を見つめて、新しい一歩を継続し続ける「我慢」の時間が続いているように思います。


もちろん、そこには自社の「強み」と「想い」が必要不可欠です。ですが、これらを事業者自身で見つめるのは、意外と難しいです。


そんなとき、よろしければ弊社にお声かけください。お話を聞かせていただき、壁打ちになりながら(かっこよく言えば『ディスカッションパートナー』です)、事業者さんの強みと想いを明確にして、アプローチする顧客を定め、支援させていただきます。