弊社の支援事例より

最新記事


もう春です。コロナ禍で不自由な生活がもう何年も続いていいますが、変わらず季節は巡ってきます。


これからどうなるのか、事業を継続できるのか、不安でいっぱいな経営者の方もいらっしゃると思います。ですが、逆にいろんなことが変化するタイミングは、新しいチャレンジも始められます。


それはすべて「想い」から始まるとも、実感しています。「想い」を抱くのは、もちろん「人」です。ざっくりと「会社」「事業」「組織」ととらえるのではなく、そこで働くひとり1人の「人」にスポットを当てて、今後の取り組みを企画してみると、想像以上の成果がでるかも、しれません。(2月・3月度、弊社の支援先で実際に起こった出来事です)


※よろしければこちらもご覧ください

地域ビジネスの伸びしろを「顧客視点」で見つめ直す★地域ビジネス活性化に必要な人材はどんな人?

https://note.com/tadaimainc/n/nd040c74ad06f





あっという間に2月になりました。新型コロナウイルスの状況が芳しくありませんが、粛々と、事業の推進に向け、できることを進めていくしかないと感じています。

この事態を打開する奇策はないのですが、顧客のニーズをしっかり見つめ、そこに地域の事業者さまの意思を重ねれば、思わぬ打ち手が見つかることが多い様にも感じています。引き続き、地域や経営の課題を聴きながら、解決策を考えていきたいと思います。


#地域や経営の課題を聞かせてください

#解決策を二人三脚で考えます

#もっと具体的な経営アドバイスを目指して


あけまして、おめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。


一昨年からのコロナ禍により、

思うようにならない、不自由な生活が続いております。


弊社でも昨年より、

現状を乗り切るための支援のご依頼もいただく一方、

この機を変革や新しいチャレンジの機会ととらえ、

一歩踏み出すトライアルを成功させるための支援のご依頼も多く、

日本各地の事業者さまの意思と意欲に逆に驚かされ、

勉強させていただく機会も多いのが現状です。


「物事を成すのは、組織ではない。

 物事を成すのは、計画や制度ではない。

 物事を成せるのは、人だけだ。

 組織や計画、制度は、人を助けるかじゃまするか、である」


僭越ながら、私と顔が似ている、という理由もあり、

うちの妻より勧めてもらい、昨年末に読了した、

コリン・パウエルの書籍にあった言葉がささりました。


弊社の支援も、計画や組織、制度ありきではなく、

意思をもって事業に取り組む方々に、一層寄り添い、

より効果的で具体的な経営支援ができるよう、精進を続けたいと思います。


あらためまして、

本年もよろしくお願いいたします。


2022年元旦

株式会社ただいま 

代表取締役 佐藤 翼

Back Number

一般家庭の小さな台所から日々の

食を通じてのよしなしごとを綴ります。